2019/03/21 18:30:52
  • 【霊界物語スーパーメルマガ】情報サニワ術(11)

╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋
 霊界物語スーパーメールマガジン
      2019.3.21
 出口王仁三郎・著『霊界物語』を
 飯塚弘明がやさしく解説します
╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋


★.。:・.。:*・★.。:・.。:*・★.。:・.。:*★


 ╋ 情報サニワ術(11) ╋


霊界物語で三五教の宣伝使たちが、ウラル教やバラモン教に対して「言霊戦(ことたません)」を行います。

具体的には、宣伝歌を歌うという形で言霊を発射することが「言霊戦」なんですが、宣伝使の身魂が磨けていないと、濁った言霊を発射することになり、悪人を言向け和して改心させるどころか、逆に世の中を悪化させることになります。

現代の情報戦は、ある意味では言霊戦です。やり方によっては、目的とは違った効果が生じる場合があります。
濁った言霊を発射していると、かえって世の中が悪くなって行くのです。

野党やマスコミが自民党に対するネガティブキャンペーンをすればするほど、自民党の足を引っ張ることも出来るかも知れませんが、己の醜さも露呈し、信用を無くしているわけです。

たとえば今年3月上旬のNHK放送文化研究所の調査によると、自民党の支持率は36.7%、公明党は3.4%で与党は合計40.1%の支持率に対して、最大野党の立憲民主党の支持率はわずか5.5%、共産党も含めた野党全体でもたったの11.8%です。
実際の選挙では無党派層(支持政党なしは40.6%)をいかに取り込むかが勝敗の鍵を握るわけですが、ここ数年の国政選挙の投票率は60%に満たず、無党派層のかなりの割合の人は棄権すると思われますから、野党が自民党を破って政権を取ることなどほぼ不可能な状態です。
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/political/2019.html
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/ritu/

「あいつは汚い」といくら罵っても、自分がキレイなことにはならないのです。
そのような醜い言霊戦は自分自身の信用を無くすだけでなく、社会に悪潮流を撒き散らすことになります。
そのような大人の争いを見て、いったい子供たちはどのように感じるでしょうか?
そんな汚い自民党が圧倒的に勝利する日本という国は何てひどい国なんだろうと思うのではないでしょうか。
また、大人というのは本当に醜い争いが好きだなと、"この世"自体に対する嫌悪感が生じるのではないでしょうか。

私が子供の頃はまだ左翼過激派がテロやデモを盛んにやって暴れていましたが、口先では「平和」を標榜していても、『本当はこいつら、争いが好きなんじゃないか』と子供心に思ったものです。

敵と戦うのに汚れた言霊を発射しているようでは、敵を倒すどころか、自分が自滅してしまうのです。

韓国の反日運動も同様です。日本を非難すればするほど、韓国はダメな国なんだと韓国の子供たちは思うことでしょう。
昨日のニュースによるとで、韓国のある地方議会が学校の備品に「日本の戦犯企業が生産した製品」と記したステッカーを貼り付けることを義務付ける条例案が提出されたそうです。
https://www.asahi.com/articles/ASM3N2TFJM3NUHBI00H.html

日本製品全てというわけではなく、戦前、韓国統治に協力した企業284社の製品です。
日本には韓国メーカーのものはあまり見当たりません。電器製品はメーカーが日本やアメリカでも中味は韓国製の場合がありますが、韓国ブランドで売っているものはあまりありません。一番普及しているのはサムソンのスマホ(ギャラクシー)くらいなものでしょう。食品では辛ラーメンくらいです。
しかし韓国には日本メーカーのものがたくさんあるわけです。だからそんな条例案が出されるのです。
ですが、学校に戦犯ステッカーが貼られた備品があるのを見て、韓国の子供たちはどう思うことでしょう?
『何で韓国製品を買わないの?』と素朴に思うことでしょうね。
つまりそんな反日運動をすればするほど、韓国は日本に頼らなくてはいけない劣った国という潜在意識を韓国民に植え付けることになるのです。
それで表面的には反日でも内心は嫌韓となり、韓国を脱出して日本企業に就職する若者が続出する始末です。
他国を批判ばかりしていても愛国心を養うことにはならず、逆に自虐になってしまうのです。
これは野党が自民党を罵っているのと一緒です。いくら権力を非難しても自分らの支持には繋がりません。

濁った言霊戦は、このように逆効果を生み、社会を破滅に導きます。

身近な話題では、夫婦仲の悪い家庭で妻が夫を罵り、子供を自分の味方に引き入れるケースがよくあります。子供も母親と一緒になって父親を罵るのですが、それは同時に『うちは変な家庭』『自分は(家庭的に)恵まれない子供』という劣等感・卑下心を子供に植え付けていることになります。

言霊戦は「善言美詞」の言霊で戦うことで真に勝利することになります。自分も良くなり、相手もまた良くなるのです。それで社会全体が良くなるのです。


(続く)


★‥…―━―…‥・‥…―━―…‥★


   次回、お楽しみに!


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『霊界物語スーパーメールマガジン』
■発行日 平成31年(2019年)3月21日 (毎週木曜日発行)
 (当面の間、毎週月曜と木曜の二回発行します)
■発行所 オニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)
 http://www.onisavulo.jp/
■発行人 飯塚弘明
■連絡先 oni_do@ybb.ne.jp
■メルマガの公式ページ(登録)
 http://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4
■バックナンバー
 http://oni.big.ph/mailmg/backnumber.cgi
■総集編
http://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#sousyuuhen
◆登録解除
http://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#kaijyo
メールアドレスの変更は、古いメアドの登録を解除して
新しいメアドを登録し直して下さい。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
(C) 2019 IIZUKA HIROAKI

注:出典を明記していただければ自由に転載してもらっても構いません。
たとえば、「霊界物語スーパーメールマガジンから引用」などと
どこかに書いておいてもらえればOKです。