2021/07/05 22:27:34
  • 【霊界物語スーパーメルマガ】三鏡556盤古について

╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋
 霊界物語スーパーメールマガジン
       2021.7.5
 出口王仁三郎・著『霊界物語』を
 飯塚弘明がやさしく解説します
 (当面の間、霊界物語ではなく
「三鏡」の解説をお送りしています)
╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋


●霊界物語朗読日記 更新しました
https://www.youtube.com/playlist?list=PLzGlW9VVxe5-rQ25cAvzt2xM-0u_fdUzY


★.。:・.。:*・★.。:・.。:*・★.。:・.。:*★


 ╋ 三鏡556盤古について ╋

●玉鏡「盤古について」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg556

 盤古(ばんこ)は支那の祖先神(そせんしん)で、支那においては日本の国常立尊に相当する神様である。

 この神様は元来良い神様なのだが、贋(にせ)盤古が出て悪を働いたので、盤古まで悪神のように思われるようになったのである。

 昔、四方春蔵(しかた はるぞう)に憑っていたのなどは贋盤古の方である。


初出:『神の国』昭和7年(1932年)11月号


- - - - - - - - - - - - - - - - -


盤古とは霊界物語に登場する盤古神王のことです。
盤古神王は称号で、名前は塩長彦(しおながひこ)です。

二大邪神系の一方の雄で、もう一方は大自在天・大国彦です。

霊界物語第2巻総説に、二人が次のように紹介されています。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm020003#a197
/=====
 盤古大神塩長彦は日の大神の直系にして、太陽界より降誕したる神人(かみ)である。日の大神の伊邪那岐命の御油断によりて、手の俣(また)より潜(くぐ)り出で、現今の支那の北方に降りたる温厚無比の正神である。
 また大自在天神大国彦は、天王星より地上に降臨したる豪勇の神人(かみ)である。
 いずれもみな善神界の尊き神人であったが、地上に永住されて永き歳月を経過するにしたがい(略)悪神の行動を自然に採りたまうこととなった。
=====/

(ちなみに霊界物語では「神人」と書いて「かみ」と読ませていますが、神人というのは、目に見えない神霊と、肉体を持った人間との中間のような存在で、人間の肉体のような体を持った神のことです。神・神人・人の区別はなかなか面倒なので、このメルマガを始め私が書いた文章ではみな「神」と書いています)

盤古大神と大自在天は邪神とされているんですが、上に書いてあったように、もともとは善良な神です。
地上に長く住むにつれ、三種の邪霊(八岐大蛇、金毛九尾の悪狐、六面八臂の邪鬼)に憑依され、悪化して行きました。
しかしこの二人よりももっと悪い奴がいます。
それは盤古大神の番頭格の神である、八王大神・常世彦です。
常世彦と、その息子のウラル彦(第4巻で常世彦を襲名し、第5巻でウラル彦と改名する)が、国祖に反旗を翻し、隠退に追い込んで行きます。
ウラル彦が国祖隠退後に、盤古大神を擁立して地上神界の主権者に地位に立たせ、自分が政治の実権を握ります。
盤古大神は穏健な性格で、常世彦の神輿に乗せられているだけです。何事も見ざる言わざる聞かざるで、常世彦の言うがままです。
しかし常世彦はだんだんと盤古大神が目の上の瘤となり、盤古大神を追放して、自分が盤古大神だと称しました。
冒頭の玉鏡に出て来た「贋盤古」とは、このウラル彦のことです。

信者の四方春蔵(春三)に盤古が憑っていたという話は、第38巻第2章「吉崎仙人」の最後の方に書いてあります。
当時18歳の四方春三は、吉崎仙人(九十九仙人)に「お前には盤古の霊が憑いている。心を改め良心に立ち帰らないと、身に凶事が起きる」という意味のことを言われました。
しかし改心しなかったため
「以後の四方春三は盤古の悪霊に憑依され、邪心日に日に募(つの)りて喜楽(注・王仁三郎のこと)を排斥し、その後の御用を勤めんと数多の役員信者を籠絡し、いろいろ雑多の計画を立てていたが、一年たった後に、仙人のいうた如く、大変な神罰をこうむりて悶死するに至った。実に慎むべきは慢心と取違いとである」
と書いてあります。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=rm3802#a323

この時憑依していた盤古大神は、太陽界から下った本物の盤古大神ではなく、偽の盤古大神(ウラル彦)だというわけです。

では本物の盤古大神はどこにいるのかというと、日の出神によってアーメニヤ(ウラル彦は神都を聖地エルサレムからアーメニヤに遷した)から救い出され、聖地エルサレムに還り、今は地教山に滞在しているということが、第7巻第1章に書いてあります。
その後の消息は書いてありません。

地教山というのは、現在のヒマラヤ山脈のことです。
果たして盤古大神が地教山に坐すということが、何を意味しているのか? 謎です。



★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

7月22日 世界KOTOTAMAフェス 開催されます
https://mekiki.sukumane.biz/sukumane/event/detail/601

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


★‥…―━―…‥・‥…―━―…‥★

 お読みいただきありがとうございました。

    次回もお楽しみに!


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『霊界物語スーパーメールマガジン』
■発行日 令和3年(2021年)7月5日 (毎週月曜発行)
■発行所 オニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)
 https://www.onisavulo.jp/
■発行人 飯塚弘明
■連絡先 oni_do@ybb.ne.jp
■メルマガの公式ページ(登録)
 https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4
■バックナンバー
 http://oni.big.ph/mailmg/backnumber.cgi
■総集編
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#sousyuuhen
◆登録解除
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#kaijyo
メールアドレスの変更は、古いメアドの登録を解除して
新しいメアドを登録し直して下さい。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
(C) 2021 IIZUKA HIROAKI

注:出典を明記していただければ自由に転載してもらっても構いません。
たとえば、「霊界物語スーパーメールマガジンから引用」などと
どこかに書いておいてもらえればOKです。