2021/10/27 03:49:17
  • 【霊界物語スーパーメルマガ】三鏡681獅子を御する文珠

╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋
 霊界物語スーパーメールマガジン
      2021.10.25
 出口王仁三郎・著『霊界物語』を
 飯塚弘明がやさしく解説します
 (当面の間、霊界物語ではなく
「三鏡」の解説をお送りしています)
╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋


都合により二日遅れの配信になりました。
(_ _)


【お知らせ】
ユーチューブに「一人読書会」をアップしました。
●03 月宮殿、1万個以上の国魂石、中国に鎮められた御神体
https://youtu.be/t_on4P8HWVc


★.。:・.。:*・★.。:・.。:*・★.。:・.。:*★


 ╋ 三鏡681獅子を御する文珠 ╋


●玉鏡「獅子を御する文珠」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg681


 王仁(わたし)が世間的評判のよくない人に接近すると、御親切な人たちが非常に気に病んで、ああいう人にはお近づきにならない方がようございますと忠告してくれるが、悪人ならばなおのこと、王仁(わたし)はそうした人に接近して救済の手を伸ばさなくてはならぬ使命をもっているのだ。

 また自分がその人を制御し得ないからと言うて、どこまでも悪人扱いをすることは間違いである。

 制御し得る人の手にかかれば、昨日の悪漢は変じて忠実なる神の僕(しもべ)ともなるものである。いかなる駻馬(かんば)も、騎手によっては柔順なること羊の如くなるものである。

 文珠菩薩(もんじゅぼさつ)や勢至菩薩(せいしぼさつ)や普賢菩薩(ふげんぼさつ)などは、獅子や虎や象などに乗り、泰然自若としてこれを制御しておられる。観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)に至っては竜神をさえ制御しておらるるではないか。悪人を恐れて近づかなかったら、いつの日にか彼らを改心せしめ、またこれを使用することができるか。

 「あいつは古狸(ふるだぬき)だからずいぶん御用心をなさいませ」などと忠告してくれる人もあるが、古狸の一匹や二匹が何だ。そんなものが手におえぬようなことで、世間に立って何ができるものか。

 狐・狸・獅子・虎・狼・赤熊も
   三六神政の先駆と用ゐむ

 邪津見(まがつみ)の伊猛(いたけ)り狂ふ現代は
   猛獣使ひて鎮めむと思ふ


初出:『神の国』昭和9年(1934年)3月号

- - - - - - - - - - - - - - - - -


これは耳の痛い教示です。
悪人ならばなおのこと、接近して救済の手を伸ばさなくてはならぬ、それが王仁三郎の使命だというのです。
それは王仁三郎の教えを学ぶ私たちとしても、それを実践できるように心がけなくてはいけません。
もちろん、実践するのはなかなか難しいことです。

「世間的評判のよくない人」とはどういう人たちでしょうか?
たとえば暴力団員とか、凶悪犯罪者とか、悪徳宗教の信者とか、そういう人たちでしょうか。
たしかにそういう人たちとはお近づきになりたくないし、お近づきになっている人がいたら、付き合うのを止めた方がいいよ、と忠告するでしょうね。

そういう、世間一般で言う"悪人"でなくても、思想信条や価値観が異なるという程度でも、毛嫌いして、付き合うことを拒否してしまうのが、私たち凡人の姿です。
立場の異なる人と付き合っていると、身内の人間から何を言われるか分からない。仲間から誤解されるのが嫌で、近づくことを敬遠してしまうのです。

そうやって互いに敵視し、垣根を築いているのですから、いつまでたっても争いはなくならないはずです。
今、衆議院の選挙戦が繰り広げられています。彼らは口の表面では"世の中を良くする"ようなことを言っていますが、実際には自分のエゴを主張しているだけです。自分の利益を得るためにエゴとエゴを戦わせているだけですから、世の中が良くなるどころか、どんどん悪くなるばかりです。
民主主義を一生懸命やっているアメリカ人たちが、深刻な社会の分断に悩んでいるのを見れば、エゴを主張するだけでは世の中は良くならないということがよく分かります。
自分の悩みを解決することを目的にするのではなく、相手の悩みを解決するというところにコミットしなくてはいけません。

「世間的評判のよくない人」から離れていることで得するのは、自分だけです。自分が守られる、自分が汚れずに済む、ということです。
おそらく、先ず一番始めに手放さなくてはいけないものは、自分のプライドでしょうね。
変なプライドや、世間体とかいうものがあるから、「世間的評判のよくない人」から離れていようと思うのです。
私にしてもそうです。たいして世間から相手にされてもいないのに、世間的を気にしているようでは、小心者と言わざるを得ません。(^_^;
自分自身の小さな殻を破って行かなくては、大きな仕事をすることは出来ませんね。

この「獅子を御する文珠」と似たような教示に、水鏡の「毒と薬」があります。

/=====
●水鏡「毒と薬」
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=kg023

 毒にならぬものは薬にもならぬ。毒もうまく使へばたいした働きをするものである。毒にならぬものは、ただ自分だけのことができるくらいのものだ。

 「聖師様のそばには悪魔ばかりがついている」と罵るものがあるそうだが、よし悪魔であっても差し支えないではないか。
 毒になるものは薬になる。

 かのいわゆる善人なるものは、ただ自分の自身を救うことができれば関の山だが、悪魔が一朝大悟、徹底改心すれば、多くの人を救う働きをするものである。

 鬼も大蛇(おろち)も救わにゃならぬこの神業(しんぎょう)に、尻の穴の小さい、毛嫌いばかりしていて、他人を悪魔扱いにする人たちが、信仰団体の中にも沢山あるのは嘆かわしいことである。

 また悪魔を料理し得る人才が、いかにも少ないことも、嘆かわしいことの一つである。

 お人の好いばかりが能でもない。私は本当に骨が折れる。誰か私に代わって鬼も大蛇(おろち)も料理するという偉才が早く現われないものかなあ。

 このワニ口(ぐち)は鬼や大蛇はまだおろか、どんな骨の堅い、腕っ節の強い獣物(けだもの)でも噛みこなすだけの強い歯を持っておるつもりだ。ご心配ご無用。
=====/


鬼も大蛇も救うというのが、真の神の愛善精神であって、それが王仁三郎の精神です。
いたずらに正義を主張したり、敵を糾弾するようなことは、真の神がやることではありません。




★‥…―━―…‥・‥…―━―…‥★

 お読みいただきありがとうございました。

    次回もお楽しみに!


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『霊界物語スーパーメールマガジン』
■発行日 令和3年(2021年)10月25日 (毎週月曜発行)
■発行所 オニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)
 https://www.onisavulo.jp/
■発行人 飯塚弘明
■連絡先 oni_do@ybb.ne.jp
■メルマガの公式ページ(登録)
 https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4
■バックナンバー
 http://oni.big.ph/mailmg/backnumber.cgi
■総集編
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#sousyuuhen
◆登録解除
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#kaijyo
メールアドレスの変更は、古いメアドの登録を解除して
新しいメアドを登録し直して下さい。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
(C) 2021 IIZUKA HIROAKI

注:出典を明記していただければ自由に転載してもらっても構いません。
たとえば、「霊界物語スーパーメールマガジンから引用」などと
どこかに書いておいてもらえればOKです。