2022/07/11 21:13:35
  • 【霊界物語スーパーメルマガ】伝記構想(52)

╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋
 霊界物語スーパーメールマガジン
      2022.7.11
 出口王仁三郎・著『霊界物語』を
 飯塚弘明がやさしく解説します
╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋━╋


ここ数日、安倍元首相の射殺や参院選挙など、騒がしい日々が続いております。
参院選はマスコミの事前の予想通り自民や維新の勝利でしたが、安倍氏の射殺は誰も予想しえなかったことです。
私が住む奈良市で起きたことも驚きましたが、今日午後の統一教会(世界平和統一家庭連合)の記者会見も驚きました。
こんなにあっさりと記者会見を開き「もし犯人の母親の破産が射殺の動機なら、重く受け止める」という意味のことを答えたことが衝撃です。
この事件に関しては、悪いのは犯人であって、統一教会が直接悪いわけではありませんが、間接的に責任を感じているような発言をしたことは驚きです。
30年前であれば決してこんな発言はしなかったと思います。のらりくらりと逃げていたと思います。
10年前に教祖(文鮮明)が亡くなり、変化しつつあるのでしょうか。
いつまでも霊感商法をしているわけには行かないでしょうからね。社会に溶け込まなくてはいけません。
世代が変われば、組織も変わらざるを得ないでしょう。
大本も王仁三郎の昇天後は大きく変化しました。
良い意味でも悪い意味でも現在の大本は安全な宗教団体です。
王仁三郎のアブなさが魅力なのですが、それはもう過去のものです。
せめて伝記を書いて、王仁三郎の魅力を伝えたいと思います。


★.。:・.。:*・★.。:・.。:*・★.。:・.。:*★


 ╋ 伝記構想(52) ╋


昭和9年(1934年)7月22日の昭和神聖会設立から翌10年12月8日までの王仁三郎の行動を調べてみると、一番多いのは、地方への巡教です。
7月22日の設立以降、全国各地の大本や昭和神聖会の支部組織の発会式や、施設の完成式などに出向いています。
「大本年表」によると、昭和9年中に統管(王仁三郎)が臨席した発会式は全国59ヶ所とあります。臨席していない発会式が28ヶ所あり、計87ヶ所で発会式が開かれ、賛同者が300万人となりました。
8〜12月のわずか5ヶ月間でこれだけの支部組織が発会したのですから、運動の勢いの凄さが分かります。

『大本七十年史』に昭和10年11月現在での教勢が載っています。
地方の神殿を備えた施設を別院とか分院、分社と呼び、それが計68ヶ所あり、分所や支部と呼ばれる一番末端の組織は約2千あります。
更始会会員数は約1万7千人で、これが一番コアになる信者数です。御神体を自宅に祭り、会費を払っている人です。賛同者は800万人もいますが、コアの信者はこれだけしかいなかったのです。
そのうち宣伝使の人数は9300人もいます。信者の半分以上が宣伝使ということになります。
ちなみに本部の奉仕者(職員)の人数は、亀岡365人、綾部194人です。けっこうな人数です。

昭和10年10月31日、王仁三郎は第一回目の歌祭りを亀岡で開きました。
これは古代、村々で開かれていたという祭典で、二十代の時、国学者の岡田惟平から教わっていたものを、開催したのです。
歌祭りは和歌を書いた色紙を沢山並べて垣を作ります。
「この歌垣を中心として自分の村々で年に一遍づつ行つたのである。平素から村人間の怨み妬み、また一家のもめごと、一切のいざこざを歌祭によって、神様の御心を和めると共に村人の心持をも和め、一切の罪悪を清め、八重垣を払ひ去る平和な祭である」
と王仁三郎は教えています。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195402c5431

第二回目は11月17日に石川県の北陸別院で開かれ、そして第三回目は12月8日に島根別院五周年大祭の際に開催されました。
それに参加するために王仁三郎は前夜から泊まっており、8日未明に警官隊が踏み込んで検挙されたのです。
しかし検挙されたのは王仁三郎だけで、澄子夫人(二代教主)のもと、大祭と歌祭りは粛々と行われました。
このとき別院を訪れた新聞記者は「さすがは二代教主だけあって、これによって顔色も変えず堂々たる貫録を示していた」と報道しています。
https://reikaimonogatari.net/index.php?obc=B195402c6212
大地の母とも呼ばれただけあります。

(次回に続く)


★‥…―━―…‥・‥…―━―…‥★

 お読みいただきありがとうございました。

    次回もお楽しみに!


+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『霊界物語スーパーメールマガジン』
■発行日 令和4年(2022年)7月11日 (毎週月曜発行)
■発行所 オニド(王仁三郎ドット・ジェイピー)
https://onisavulo.jp/
■発行人 飯塚弘明
■連絡先 oni_do@ybb.ne.jp
■メルマガの公式ページ(登録)
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4
■バックナンバー
https://onisavulo.jp/rmsmm/acmailer3/backnumber.cgi
◆登録解除
https://www.onisavulo.jp/ond.php?id=4#kaijyo
メールアドレスの変更は、古いメアドの登録を解除して
新しいメアドを登録し直して下さい。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
(C) 2022 IIZUKA HIROAKI

注:出典を明記していただければ自由に転載してもらっても構いません。
たとえば、「霊界物語スーパーメールマガジンから引用」などと
どこかに書いておいてもらえればOKです。